猫も歯磨きが必要!タイミングや方法、おすすめのアイテムとは

実は猫も歯磨きが必要ということを知っていましたか?

猫ちゃんも人間同様、快適で長生きするためには歯磨きが欠かせないんです。

しかし慣れていない猫にいきなり歯磨きをするのは失敗の元。

そこで今回は、猫ちゃんに歯磨きをする必要性や方法・デンタルケアに便利なアイテムなどについてご紹介したいと思います。

猫の歯磨きの必要性

まずは「なぜ猫にも歯磨きが必要なのか?」という点から。

野生の猫やノラ猫は、食事に際に獲物の肉を歯で引きちぎる過程で歯の汚れがある程度落ちるため、歯磨きを必要としません。

しかし家猫の場合、エサが食べやすく加工されているため、歯に食べかすが残りやすいという特徴が。

その食べかすが原因で歯に歯垢が付き、やがて歯周病に。

歯周病が悪化すると、猫ちゃんは歯を痛がって食べ物を食べてくれなくなってしまうのです。

こういった事態を防ぐためにも、歯垢になる前に歯磨きなどのデンタルケアで食べかすを除去することが必要なんですね。

歯磨きの仕方と頻度

続いて歯磨きの仕方と頻度、歯磨きを始めるタイミングについてご紹介します。

歯ブラシの使い方

歯ブラシを使って歯磨きをする場合、歯ブラシは歯の根元に対して45度に傾けます。

そして、歯ブラシを歯にあてた状態で小刻みに歯ブラシを揺らすようにして磨きます。

力を入れすぎると歯グキや歯の表面を傷つけてしまいますので、決して力は入れないようにしましょう。

奥歯の磨き方

奥歯を磨く際には、まず指で上唇を押して歯を露出させ、歯ブラシをあてて磨きます。

ただし歯を露出させることに嫌がる猫ちゃんも多いので、その場合は上唇を押さえず歯ブラシをもぐりこませて磨くとよいでしょう。

頻度

歯磨きの頻度は、できれば毎日1回。

特に歯磨きを嫌がる猫ちゃんであれば三日に1回でも構いません。

歯磨きをするなら子猫から(永久歯が生えてから)がおすすめ

成長してから歯磨きに慣れさせるのは時間がかかります。

そのため、歯磨きをするなら子猫からがおすすめ!

永久歯に生え変わる前後から歯磨きを始めると慣れさせやすいでしょう。

歯磨きを嫌がる時の対処法

歯磨きを嫌がる猫ちゃんが多いのも事実。

嫌がるときは無理やり歯磨きをするのではなく、ラクに歯磨きができるようになるアイテムを使いましょう。

次に紹介するように、猫用の歯磨きガムや歯磨きおやつをはじめ、たくさんの歯磨きアイテムが存在します。

猫の歯磨きにおすすめのアイテム

猫の歯磨きアイテムには大きく分けて二種類があります。

まず一つ目が、飼い主が使用して猫ちゃんの歯垢を除去する、歯磨きアイテム。

そして二つ目が、猫ちゃんが食べたり噛んだりすることで歯磨きに近い効果を得られるアイテムです。

飼い主が使用する歯磨きアイテム

猫用歯ブラシやフィンガー歯ブラシ、猫用歯磨きシート

歯ブラシを使う際は必ず「猫用」と表示されたものを使用しましょう。

また、指にはめて使うタイプのフィンガー歯ブラシは磨き方や力の加減がしやすくかなりおすすめ。

猫用歯磨きシートを指に巻き付けて、フィンガー歯ブラシのように使うこともできます。

歯磨きペーストや歯磨きジェル

歯磨きをする際は、必ず歯磨きペーストや歯磨きジェルを使用してください。

これらを使うことで、程よい力加減で歯を磨けるほか、歯磨きの効果が上がります。

綿棒やガーゼ

まだ歯磨きに慣れていない猫ちゃんには、綿棒やガーゼが歯ブラシの代わりになります。

綿棒やガーゼに歯磨きペーストや歯磨きジェルをつけ、歯を磨くようにします。

猫が食べる・噛むアイテム

猫の歯磨きガム、おやつ

犬同様、猫専用の歯磨きガムやおやつも存在します。

これらはガムやジャーキーといったおやつを噛むことで、ある程度歯垢を除去できるように設計されています。

歯磨きトイ

猫ちゃんが嚙みつくことで歯垢が除去できる、ぬいぐるみ型の歯磨きトイもあります。

これらはメッシュ素材でできているので、猫が嚙みつくと歯垢が取れやすくなっているのです。

遊びながら歯周病対策ができる優れものと言えます。

粉末タイプの歯磨き、歯磨き粒入りのドライフード

エサにふりかけてエサと一緒に食べさせることで歯垢を取り除ける、粉末タイプの歯磨きもおすすめ。

歯磨き粒入りのドライフードも売られているので、より手間がかからすにデンタルケアをすることができます。

歯のトラブルは専門家に頼むのも一つの選択肢

どうしても猫ちゃんが歯磨きに慣れない、どうも猫ちゃんの口臭が気になる……そんなときは、動物病院へ連れていって診てもらうのも選択肢の一つです。

一度動物病院で歯垢の除去をしてもらえば、その後の家での歯磨きがラクになることもあります。

また、ひどい口臭には病気が隠れていることも。

気になるようであれば動物病院への受診を考えてみてください。

【まとめ】猫も歯磨きが必要!タイミングや方法、おすすめのアイテムとは

ここまで、猫ちゃんの歯磨きの必要性や方法・アイテムについてご紹介してきました。

猫ちゃんにはやっぱり長生きしてほしいもの。

ぜひ日々の習慣に歯磨き・デンタルケアを取り入れてみてください。