猫が食べやすい食器とは?

はじめに

人にも食べやすい食器があるように、猫にも食べやすくてお気に入りの食器があります。

実は、食器は猫の食欲を増進させるばかりでなく、食べるときのストレスを緩和させる働きもあるという大切なものなのです。

ここでは、猫がたべやすい食器とはどんなものなのか。また、猫はどんな食器にストレスを感じているかなどについて解説します。

 

  • 猫の食器にはどんなものがある

一般的に、猫の食器として使われているものには次のようなものがあります。

一つ目はプラスチィク製でできたもの、二つ目はステンレス製、そして三つめは陶磁器でできたものです。たまには、木製のものが猫の食器として使われることもあります。

それぞれの食器の特徴としては次のようなものです。

 

 

1-1.プラスチィク製

プラスチィク製は価格が安くリーズナブルな食器として人気があります。軽くて扱いやすい食器ですが、食べるときに動いたり安定性がありません。

また、プラスティクの表面は、傷がつきやすく汚れやばい菌が落ちにくいので長く使うのは不衛生になります。

 

1-2.ステンレス製

ステンレス製の食器はわりかし軽くて丈夫です。安定性はプラスティク製よりもあるほうです。価格もそれほど高くはありません。

食べ残しなど汚れがついても、簡単に、きれいに洗い流せるので衛生的ですが表面の手触りが冷たく猫にはあまり人気がないです。

 

1-3.陶磁器

陶磁器の食器はずっしりと重く安定性があります。猫が食事中に食器が動くことがないので猫も安心して食事ができます。

価格は、他の食器と比べて割高になります。また、他の食器よりも重いので扱いにくく、収納がやっかいです。

食べ残しなど汚れについては洗えば簡単に取り除くことができます。さらに、食器の表面に臭いが付きにくいと利点もあります。

一番の欠点は、フロアなど床に落としたら割れることがありますから、洗うときや収納のときは注意しなければなりません。

 

1-4.木製

木製の食器はなかなかお目にかかることはありませんが、隠れた人気の商品です。

木質によって軽いもの、重いものがありますがどれも丈夫なのが特徴ですので買い替えが少なくて済みますよ。

価格は、一番、割高になります。また、長く使い続けていると表面が傷つきやすくなり洗っても汚れや臭いが残り不衛生になることもあります。

 

 

  • 猫からみた食器は?

猫を多頭飼いしている経験から、猫にもお気に入りの食器がありますよ。いろいろな食器を試してみて猫の反応を見てみました。

2-1.プラスチック製

プラスチック製の食器は、猫にはあまり人気がないですね。

理由は、プラスティク製の食器は軽くて動きやすいので猫が安心して食事ができないようです。

また、洗っても、臭いが残っているのか食欲が湧かないのでしょう。

 

2-2.ステンレス製

ステンレス製の食器もプラスティク製と同じく、人気がありません。

理由は、どうやら食器が冷たいことに原因があるみたいです。猫の舌が冷たいステンレスに触れるのが嫌なんでしょうか。

また、食事中にステンレスに電灯などの光が反射するのが苦手なようです。

 

2-3.陶磁器

陶磁器の食器は、猫には一番の人気のある食器のようです。

理由は、重くて、安定性があり食べやすい食器にありそうです。また、食べカスなども洗えばきれいになるし、臭いの残らないのがいいみたいですね。これだと、猫も食欲が旺盛になります。

2-4.木製

木製の食器は、軽いものより重いものに人気があります。陶磁器の食器と同じように、安定性があるので安心して食べられるからでしょうね。

ただ、しばらく使い続けているうちに臭いが木質のなかに残ってしまい食べるのを嫌がる傾向にあります。

 

 

  • 飼い主から見た食器は?

飼い主から、いままでにいろいろな猫の食器を使ってみた経験から言いますと、一番、扱いやすいのは軽いプラスチック製の食器があげられます。

価格が安いうえに、買い替えがひんぱんにできる点がいいですね。ただ、食器に臭いが残るなど不衛生になることは否定できません。

ステンレス製は丈夫ですが表面が冷たいので猫が嫌がるのが問題です。

いろいろな食器の問題なども踏まえて、消去法で取り除いていくと、一番、飼い主にとって安心できて食器として使いたいのは陶磁器の食器と言うことになりそうです。

 

  • 工夫を凝らした食器を選ぶ

陶磁器の食器は、猫にとっても、飼い主にとっても安心して使える理想的な食器です。

そのなかでも、脚付きフードボールはおすすめです。なぜかと言いますと、猫は食器が低いものよりも、少し高いものが猫にとっては理想的なのです。

低い食器で食事をすると首を下げて食事をしなければなりません。

この姿勢は、猫には、特に、老齢の猫にとっては大きなストレスになります。また、首を下に向けて食事をすると食道が胃よりも下がった位置にくるために、食べた後に吐き出すことも多々あります。

また、食器の中には、食べ口を斜めに傾けて猫が食べやすいように工夫したものもあります。

また、底が滑らない台座付きの食器を使うものもいい方法かもしれません。

猫のグッズ等を販売するショップを訪れたり、WEBを検索してみるといろいろな便利で使いやすい食器を発見できますよ。

まとめ

飼い猫は、飼い主さんが選んでくれた食器でしか食べられません。

たとえ、その食器が食べづらくても我慢して食べなければなりませんからストレスもたまって食欲もでないでしょう。

飼い主さんは、猫が少しでも喜んで食べられるように食器については工夫してあげてください。

飼い猫は、お気に入りの食器だったらきっと喜んで食べてくれるはずですから。