猫が狭いところを好む理由

「ピンポーン!」 お届け物が届き、開封すると…商品が入っていたダンボール箱に一目散!

また、かばんや袋といった、ありとあらゆる狭い場所にすっぽりおさまりご満悦。

みなさまご存じの通り、ネコちゃんは箱やすみっこなど狭いところが大好きです。

「ペットベッドや広い場所を提供してあげているのに…」 と思っても、なぜかいつも狭い場所にいる… それにはいくつか理由があります。

以下でその理由を解説するとともに、猫が快適に過ごせる室内づくりについてもお伝えいたします。

 

猫が狭いところを好む5つの理由

猫が狭いところが大好き!なのは、ネコちゃんを飼っている方なら常識のことと思いますが、実際に研究でも明らかとなっています。

オランダの動物保護施設における実験で、狭いところ(隠れ家)を提供してあげると猫のストレスが大幅に軽減できたという結果があります。

隠れ家があることで、ストレス軽減や環境の変化に適応ができたということですね。

では、以下で、なぜネコちゃんが狭いところを好むのか、その理由を解説していきますね!

 

①外敵から身を守るため

猫はそもそも、樹洞(じゅどう;樹木にできた洞窟状の空間)や岩の穴に住んでいた動物です。

そういった場所は、高くかつ狭いスペースのため、外敵から身を隠すことができます。

また、手にした獲物を奪われないでゆっくり食べるためにも重要な場所でした。

現代のネコちゃんがダンボール箱のような狭い場所が大好きなのも、そのなごりなのだと思われます。

②猫は寝子~安心スペースとなる

猫は一日のうちの半分程度を寝て過ごす動物です。

起きている時間のほとんども、毛づくろいに費やすなど、無防備な時間帯が多いです。

そのため、狭くて薄暗い場所は安心して眠ったりくつろげる安心スペース。

何者にも邪魔されずに過ごすことができるので、快適な時間を確保できるのですね。

 

③狩猟本能がかきたてられる

猫の祖先であるといわれているリビアヤマネコは、だだっ広い砂漠に住む動物でした。

そのため、狭い物陰に隠れて獲物を待ちかまえ、狙いを定めて飛びかかる必要がありました。

猫が待ち伏せして獲物をとる動物なのは、みなさまご承知の通り。 抜き足差し足で、物陰からぴょんと飛び出て遊ぶしぐさも、狩猟本能からきているのですね。

 

④なわばりスペース

猫は自分のにおいをつけることで、「そこを自分の場所だ!」とテリトリーを主張します。

取り込んだ洗濯物の上や脱ぎたての洋服の上に一目散に飛んできて、スリスリしたり寝たりするのもそのためです。

ただ、猫の世界は早い者勝ち! 上下関係はなく、早くそのスペースに入った方が、そこの場所を占拠できるのがポイントです。

 

⑤単純に快適である

薄暗い物陰は、気温が暑いときには日陰スペースとなり、寒いときには丸まってすっぽり収まります。

何かに体が密着すると安心できるという特性もあり、単純に快適なため箱の中にいるのですね。

 

狭いところを利用した安心グッズ

このように、猫にとっては狭い場所が安心できるスペースとなります。

ダンボール箱や木の箱などでもいいですが、通気性がよく、長持ちしてデザイン性のある「猫ちぐら」がおすすめです。

猫ちぐらとは稲わらを編んで作った猫用の寝床のことですが、最近ではダンボールでできた猫ちぐらというものも… 猫の本能行動である「爪とぎ」を同時に満たせるスペースはより快適な場所となります。

 

猫にとって爪とぎの欲求を満たせることは重要

猫はその習性として、爪を研ぐ動物です。 野生の世界では、獲物を狩ったり、木を登ったり、ケンカのときの武器やテリトリーを示すものとして、爪を鋭くしておくことは、生きるために必要不可欠なことでした。

猫の爪は人の爪と異なり、タマネギのような構造をしており、何層にも爪が重なっている状態です。

その1枚1枚をはいでいくことで、きれいな新しい爪が露出し、また伸びすぎないようになっています。

現代のネコちゃんでは生きるために爪をとがらせておく必要はないですが、爪とぎもまた野生の名残として残っているのです。

この本能行動を同時に満たしてあげられるスペースは、ネコちゃんにとってお気に入りとなること間違いなしです。

 

体調が悪くて狭いところにいることも…

狭くて暗いスペースは猫にとって安心できるスペースである一方で、体調が悪いときに身を隠す場所でもあります。

いつも暗闇にいる…冷たい場所にいる…というときには、体調を崩していたりケガをしている可能性もあります。

無理に引っ張り出すのもかえってストレスになる場合もありますが、続く場合には検査が必要なこともあります。

また、ビニール袋やお菓子の袋に顔を突っ込んでしまい、抜けなくなって窒息してしまうという事故もしばしばあります。

必ず、ネコちゃんの様子を確認し、食欲はどうか?排せつはしっかりしているか?などもあわせて注意深く観察するようにしましょう。

 

【まとめ】猫が狭いところを好む理由

猫は狭い場所が大好きな動物です。

身を隠す、狩猟行動のためなど本能的なこともありますが、単純に何かと体が接すると安心するのでしょうね。

ただ、体調不良で狭い場所に隠れていることもあるので、食いつきや便の様子など合わせてよく見てあげるようにしましょう。

さっそく、お家の中の安心+お気に入りのスペースを作ってあげてくださいね!

 

参考資料

  • W J R van der Leij,L D A M Selman, J C M Vernooij, C M Vinke,The effect of a hiding box on stress levels and body weight in Dutch shelter cats; a randomized controlled trial,PLoS One.2019Oct14;14(10):e0223492.