招き猫のモデルとなった日本猫。海外で珍重される三毛猫の性格、魅力を紹介!

キジトラ柄やサビ柄、白色や黒色の猫… ネコちゃんの模様にはさまざまあります。 『三毛猫』も猫の柄のひとつであり、日本人にとってはなじみの深い猫ですよね。 この記事では、三毛猫の特徴や性格、その魅力などをたっぷりお伝えしています。 「三毛猫についてもっと知りたい!」という方は、ぜひ読んでみてくださいね。

三毛猫とは?

三毛猫とは『白・黒・オレンジ(茶)』の3色が入った毛色をさします。 日本ではよく見かける猫ですが、海外ではとても珍しい猫とされています。 各色の割合によって、
  • とび三毛:全体的に白が多く、黒やオレンジのぶちが少しだけ入った三毛
  • しま三毛:白をベースとして、黒やオレンジの部分にしま模様が入った三毛
  • きじ三毛:オレンジの被毛にしま模様がある三毛
  • パステル三毛:オレンジと黒の色合いがうすい三毛

などと呼ぶこともあります。 瞳は黄色や金色系であることが多く、肉球はピンク色の子がほとんどです。

三毛猫はほぼ100%がメス

三毛猫は、ほぼ100%メス猫であるという特徴があります。 というのも、その毛色には『性染色体』という性別を決める染色体がかかわっているためです。 性染色体は1本ずつ両親から受け継ぎ、メスでは『XX』、オスでは『XY』となります。 毛色を黒にする遺伝子とオレンジにする遺伝子は、性染色体『X』上にしかありません。 ※白色は性染色体に関係なく入ります。 そのため、性染色体が『XX』であるメスの場合には、オレンジと黒の両方の色を持つことができますが、性染色体が『XY』であるオスの場合には、『X』が1本しかないために、黒かオレンジのどちらか一方の色しか持つことができません。   ただし、ごくまれに遺伝子の異常でオスの三毛猫が存在します。 この場合のオスの三毛猫は『XXY』という特殊な性染色体を持っています。 ※クラインフェルター症候群と言われ、人でもまれに存在しています。 性染色体の異常であるため、生殖能力が通常のオス猫に比べて弱いことが特徴です。 寿命は全うすると言われています。 一般的に、1/3,000〜1/30,000以上の確立で誕生するため、その希少性から三毛猫のオスは高値で取引をされていたこともありました。 このように数が少ないために、三毛猫のオス猫は非常に貴重な存在とされています。

三毛猫のオスは縁起が良い

三毛猫のオスはごくまれにしか誕生しないことから、縁起のよいものとして、とても貴重に扱われていました。 かつては、航海の安全を祈る船乗りたちから引っ張りだこだったということも… 例えば、昭和31年に派遣された南極越冬隊に1匹の三毛猫のオス『たけし』が同伴しました。 『たけし』という名前は、永田武隊長の名前をもらったと言われています。 三毛猫『たけし』が同乗したことにより、見事部隊は成功を遂げたようです。 『たけし』は南極から日本に戻った後、隊員の1人に引き取られたものの、間もなく隊員の家から脱走して行方不明となってしまいました。 どこか別の船に乗って、みんなの安全を守っているのかもしれませんね。

三毛猫の性格はクール?

三毛猫は、ほとんどがメスであるということは上記でお伝えした通りです。 そのため、性格もメス特有のものであることが多いです。 気まぐれでクール、自分の都合のいいときは飼い主さんにスリスリ、それ以外は特に興味なし… また、賢くてプライドが高いという子も多いようです。 人にこびない性格の子が多いのも三毛猫の特徴です。

三毛猫は寿命が長い

三毛猫は雑種であり、またメスが多いことから、寿命が長い傾向にあります。 猫の平均寿命は15歳程度ですが、それ以上に生きてくれることが多いです。 ただし、個体差や環境における影響もあり、病気にかかる可能性はありますので、日ごろからよく状態を観察してあげ、定期的に動物病院を受診するようにしましょう。

三毛猫は減少傾向

日本ではよく見かける三毛猫ですが、実はその数は減少傾向と言われています。 というのも、洋猫との交配によりさまざまな毛色が入ったためです。 『白』『黒』『オレンジ』のきっぱりとした色で構成された三毛猫が減っていることは、少し寂しいようにも思えますね。

海外でも人気のある三毛猫

三毛猫は海外でも人気のある猫です。 海外では、三毛猫のことを『Calico cat (キャリコキャット)』や、そのまま『Mike(ミケ)』と呼びます。 また、『ジャパニーズボブテイル』というポンポンのように丸まった短い尻尾をもつ、日本猫を思い浮かべる外国人も多いようです。 日本に比べてその数は非常に少ないことや、招き猫のイメージもあることから、幸運を呼ぶ猫としても注目を浴びています。 お気に入りの三毛猫を見つけるために、来日した人までいるそうですよ。   2021年、新宿駅の東口のビルの最上階に設置された大型ビジョンに、巨大な3D三毛猫が登場したことも、海外では話題を集めていました。

三毛猫ホームズシリーズ

赤川次郎さんによる推理小説のシリーズにおいては、三毛猫が主人公となっています。 読みやすさと猫が主人公である奇抜さから、現在でも新刊が刊行されるほど人気のシリーズです。 ドラマ化や映画化もされています。

【まとめ】三毛猫は魅力がいっぱい!

このように、三毛猫は日本ではよく見かける毛色ですが、海外ではまれであるために、貴重な存在として注目を集めています。 また、オスの三毛猫は1/3,000〜1/30,000以上の確立でしか誕生しないため、縁起がよいとされて高値で取引をされていたこともありました。 気まぐれで愛嬌のある三毛猫さんを、これからもたっぷり愛してあげてくださいね! 参考資料
  • 猫の毛色&模様 まるわかり100!色と模様で猫の性格がわかる!,Gakken Mook,2013
  • 国立極地研究所 アーカイブ室 ホームページ