猫も人間と同じようにアレルギーにかかります

愛猫がボリボリかいていたり、激しく毛づくろいをしていたら… それは何かに対して、アレルギー反応を示している可能性もあります。

この記事では、猫のアレルギーの原因や症状、治療や対策法などを解説しています。

最近、愛猫がよくかいたり、舐めたりしているな…という場合には、ぜひ読んでみてください。

人間と同じように猫もアレルギーにかかります

猫も人間と同じようにアレルギーにかかることがあります。

特に最近では、完全室内飼いの猫が増えており、清潔な環境で育つことで、アレルギー体質になってしまう子が多くみられます。

アレルギーとは、本来なら体にとって無害である物質(花粉やほこり、ノミダニや食物など)が自身の抗体に結合し、様々な炎症反応を引き起こす疾患のことです。

人間のアレルギーと言えば、花粉症の様な鼻水や涙が止まらない…といった症状がよくみられますが、猫におけるアレルギーは『皮膚トラブル(アレルギー性皮膚炎)』であることがほとんどです。

そのため、以下では、猫のアレルギー性皮膚炎について解説していきます。

 

猫のアレルギー性皮膚炎の原因は?

猫のかゆみを伴う皮膚炎のほとんどが『アレルギー性皮膚炎』と考えられています。 猫のアレルギー性皮膚炎には、
  • 食物が原因の『食物アレルギー』
  • ノミが原因の『ノミアレルギー性皮膚炎』
  • ノミや食物以外が原因の『非ノミ非食物アレルギー性皮膚炎』
  • 昆虫が原因の『昆虫性アレルギー』

の4つがあり、これらを鑑別することが重要です。

また、これらに加えて、接触アレルギーや薬疹などのいくつかのアレルギーが複雑にかかわるアトピーといった状態になることもあります。

 

日頃から猫ちゃんを清潔に保ってあげるのも心がけて

あげたいですね♪爪のケアもその一つです!

 

食物アレルギー

牛肉や乳製品、穀類(小麦、米、トウモロコシなど)といった特定の食物に対して、アレルギー反応を起こすことがあります。

食物アレルギーの場合、下痢や嘔吐といった消化器症状が同時に現れることも多いです。

いつも食べていた食事に対して、急に発症してしまうこともあります。

 

ノミアレルギー性皮膚炎

ノミの唾液に対して、アレルギー反応を起こして発症します。

全身性の強い痒みが特徴ですが、特に尾の付け根から背中にかけての脱毛や赤みなどの症状が見られます。

ノミやノミの糞(ノミの糞は黒い点のように見え、水でぬらすと赤くなる)が見られることもありますが、見つけられない場合も多いです。